「メディアが報じない原発事故(夕やけ寺ちゃん 活動中)」をはてなブックマークに追加

メディアが報じない原発事故(夕やけ寺ちゃん 活動中)

「全部ウソ」だった、はじめからメルトダウンを知っていて、事実を隠ぺい・・・。「直ちに」の意味は、原発の状況が直ちに、悪化するものではないという意味だ(枝野官房長官)
AERA編集長登場:経産省、原発保持の極秘シナリオ。首都圏の地下鉄は津波を想定していないし、マニュアルもない

*Youtubeなどの動画コンテンツを引用しております。著作権などは該当サービスにてご確認下さい。





枝野官房長官の会見全文〈20日午後〉

「この間、避難指示については把握できていたデータに基づいて、常にむしろ万全すぎるぐらいの早い段階からの避難指示をお願いしてきた。地表に降っている放射性物質のために、長期にわたっての影響についても、計画的避難区域という形で対応してきた。そうした意味では、放出された放射性物質、それによる放射線の影響については避難が遅れるような対応にはならなかった。少なくとも今得られているデータからは判断している。それから、私が時々、直ちにという表現を使ったことは、指摘頂いた意味ではないか、誤解も生じているようだが、私が、直ちにという表現を使っていたのは、原発の状況が流動的であった。つまり、さらに状況が悪化する可能性が高い、十分にある状況で、従って、原発の状況が現状であるならば、直ちには影響するものではないと。ただし、もしかすると原発の状況がさらに悪化するということになれば、その時点で想定していた避難地域では十分ではなくなってさらなる避難をお願いする可能性があるという意味で、その時点での原発の状況においてはという意味で、直ちにという表現を使ったものであり、すぐに影響が出ることはないけれども、将来的に影響が起こる可能性ということを意味して、直ちにという表現を使ったことはない」

「メディアが報じない原発事故(夕やけ寺ちゃん 活動中)」をはてなブックマークに追加 放射線測定動画マップ