屋根をコロニアルからカルバニウムに葺き替えを検討

屋根をコロニアルからカルバニウムに葺き替えを検討していますが、既存の屋根をはがさず、その上から施工する工法だと雨漏りの心配はないでしょうか?

現在ではくぎ打ち部が表面にでないタイプの屋根材もあります。雨水はもちろんですが、サビによる劣化のリスクもないので、ご心配でしたら、そうした屋根材を選ばれてはいかがでしょうか。

efルーフという商品は、くぎ打ち部はもちろん、接合部も雨水に濡れない構造になっています。



外壁・屋根 関連情報

スレート屋根への重ね葺きができるガルバリウム鋼鈑屋根材

スレート屋根への重ね葺きができるガルバリウム鋼鈑屋根材

「efルーフ」は今お使いの屋根材の上から重ねて施工ができます。既存のスレート屋根とで2重の断熱効果が得られますので、省エネ効果も期待できます。

Read more »


建物を紫外線、熱から守る!アステックペイントで外壁、屋根を塗装

建物を紫外線、熱から守る!アステックペイントで外壁、屋根を塗装

紫外線は建物(外装)にとって最大の劣化原因となります。だからこそ、塗料は性能で選ぶべきだとは思いませんか?遮熱効果もあり、暑さも和らげます。

Read more »


専門家に相談する